HijichoのLINE公式アカウント
友だち追加数

マズローの欲求階層説


「飛辞書 〜文理を越えるその言葉〜」は、あなたの学科だけで使われているような特殊な言葉を取り上げ、分かりやすく説明していくコーナーである。「特定の学問分野だけで使われている言葉が、その分野を飛び越え、みなさんの知識になる」をコンセプトにしている。今回は主に発達心理学、経営学で登場する「マズローの欲求階層説」をとりあげる。

マズローの欲求階層説とは

人間を突き動かす欲求は、大まかに分けると5つのカテゴリーに分類され、下の段階の欲求が満たされてはじめて、上の欲求が顔を出してくる。—という説を「マズローの欲求階層説」という。アメリカ合衆国の心理学者・アブラハム・マズローが理論化した。あくまで“説”であり、自然の摂理ではない。

マズローの欲求階層説
画像=マズローの欲求階層説 (中野作成)

生理的欲求
お腹が空いたから何か食べたいとか、疲れたから寝たいという欲求。
安全・安定の欲求
より安全な状況を求め、混沌とした状態から逃れたいという欲求。
愛と所属の欲求
集団に属し、友情や愛情を求める欲求。
承認・尊厳の欲求
他者から承認されて尊敬されたい、自身に対して尊厳を持ちたいという欲求。
自己実現欲求
自己の成長、潜在能力の実現を求める欲求。

マズローの欲求階層説のポイントは、上述のように5つの欲求に階層が形成されていることだ。低次の欲求が満たされると、より上位の欲求が強くなり、それが自身を動かす最重要要因になるという。人間とて生物であるので、生理的に満たす必要のある欲求、例えば、お腹が減ったから食べ物を食べる、睡眠不足だから眠るということなしには、次の段階の安全への欲求も姿を現さない。危険を感じずにやっていけると実感できてはじめて、人を愛する、愛されたい、仲間になりたいという欲求が顕在化する。このような所属の欲求が満たされれば、今度は自尊心やプライドを満足させたいと思うようになる。そして最後に自己実現欲求が顔を出す。

最後の自己実現欲求は、自分の可能性をとことん追求して、自分らしい生き方をしたいという欲求だ。マズローによれば、この欲求は人間にとって最高の地位にある欲求であり、外部から与えられるものではなく、自己の内面から生じるものだという。また、自己実現欲求は満たされ尽くすことがなく、自己の成長のために常に高みに登っていくというイメージがある。

マズローの欲求階層説に関する思考

マズローの欲求階層説は、様々な学者が研究しているが、本当に正しいのかどうかはまだ証明されていない。しかし、概念的に、あるひとつのモデルとして参考にする分には非常にわかりやすいモデルだ。一方で、わかりやすいがために誤用あるいは悪用されてしまうケースもある。以下に、筆者が遭遇した場面を取り上げながら、マズローの欲求階層説を前提として考察を書く。

(1) 就職活動の際に

就職活動の中で、企業説明会というのがある。企業の経営者や人事担当が、自社のビジョンや制度、求める人物像などを語るのが一般的だ。彼らはここでしばしば「成長」という言葉をつかう。そして、この「成長」というのがマズローの欲求階層説でいう最終段階の自己実現欲求を促すキーワードになっている。企業説明会でも「弊社に入社すれば成長できます!」というフレーズをよく聞くが、いささか罪な発信な気もする。その理由は2点。

1つは、自己実現のための成長は欲求階層の最終段階であるにも関わらず、いきなり「成長」を要求されること。もう1つは、そもそも自己実現というのは、他者から与えられるものではないということ。所属する企業での承認、尊厳が満たされていない状態で、「成長」のためだからという理由のみで業務が与えられるのはおかしな話である。お互いに尊重し合って信頼できる空間だからこそ、成長できる環境がつくられるはずであるのに、上の立場から一方的に「自己実現」を要求されることによって、苦しい思いをする新入社員もいる。

マズローの欲求階層説の中では、自己実現欲求よりも1つ下の階層の、「承認・尊厳の欲求」が最も重要だと私は思う。ここが満たされないと「自己実現」の欲求は生まれないからである。就職活動中では、ここの欲求が満たされやすいかどうかという点に注意するとよいかもしれない。—ただし見きわめるのは中々難しい。

(2) クラブ・サークル選びの際に

新入生は所属する団体を選ぶ際に、どのような視点で選ぶだろうか。第一には、“自分のやりたいこと” ができる団体の中から選択すると思うが、例えば、やっていることはほとんど同じサークルもある。その場合、マズローの欲求階層説に基づいて考えれば、愛・所属、承認・尊厳、といった欲求が満たされやすい団体を選択することになるのだろう。いわゆる“居心地の良い” 団体である。団体に所属したいという所属欲求を誰しもが持っていて、その中でクラブ・サークルを自分の居場所とする人は多い。だからこそ、どんな人でも受け入れられる団体の存在は大きい。

そして、もし大学内に居場所がないと感じている人がいたら、サークルに入ってみるといいだろう。大阪市立大学はクラブ・サークル数が多い大学である。きっと自分に合う (=愛・所属欲求、承認・尊厳欲求が満たされるような) 団体が見つかるはずだ。

飛辞書を寄稿しませんか?

「飛辞書」は、あなたの学科だけで使われているような特殊な言葉を取り上げ、分かりやすく説明していくコーナーです。辞書のように多くの用語をとりそろえたいと考えています。寄稿をお考えの方は、Hijichoまでお問い合わせください。

大阪市立大学新聞 Hijicho お問い合わせフォーム

http://hijicho.com/?page_id=330

参考文献

野田稔著『組織論再入門』(ダイヤモンド社)
金井壽宏著『働くみんなのモティベーション論』(NTT出版)

文責

中野 寛之 (Hijicho)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Hijicho on Twitter

ページ上部へ戻る