HijichoのLINE公式アカウント
友だち追加数

韓国のにおいのするカフェ〜tomari〜


choっとカフェログ

choっとカフェログは市大生や地域の方々がちょっとぶらっと立ち寄れる喫茶店やバーを掲載していく連載企画である。

住吉大社のほとりにお洒落なカフェを見つけた。

店内全体はこじんまりとしていて、穏やかな空気に包まれる。ここは母と娘の二人三脚で営んでいる「tomari」というカフェ。娘さんが以前韓国に留学に行ったとき、(韓国では)ちょうどカフェブームの始まりだったこともあり、韓国のカフェを日本に取り入れたいと2年前にこのカフェを開店した。日本のカフェと韓国のカフェの違いを尋ねたところ、「日本のカフェは完成されていて、静かな場所という感じがある。韓国のカフェはもっと自由な空間で、自分達の時間を過ごしているという雰囲気があった。」と娘さん。なるほど、店内を見渡すと韓国に関する本が並べてあったり、メニューにも韓国のものが取り入れられていれられていたりと、随所でその思いを感じ取ることができる。

韓国風サンドイッチ

パッピンス

メニューはミートチーズトースト (手作りのミートソース) や韓国風ホットサンド (野菜オムレツに隠し味が美味しい韓国定番のサンドイッチ) がおすすめ。夏にはタコライスやパッピンス (韓国式かき氷でかき氷の上にパフェが乗ったようなもの)が人気だ。体にやさしい韓国茶を頼むお客さんも多い。

tomariではワークショップも開催している。「お茶や食事をするだけでなく、何かを作ることで交流を作りたい」と、娘さんは話す。ワークショップの内容はお店のコンセプトに合ったもの(韓国的なものであったり、店内に飾ってあるアクセサリーを制作している人が主催のワークショップ等)で、これまで、リースやホットック(韓国のパンケーキのようなもの)等のワークショップが行われた。

最後に住吉という地域について、「お年寄りが多く、若者中心のミナミとは違う、下町の雰囲気がある。大阪なのに (住吉大社) 駅を降りるとすぐ緑があり、ホッとできる場所だと思う。」と笑顔で語ってくれた。

住吉大社とその周辺の、のんびりとした雰囲気にマッチして、老若男女問わず誰でも気軽に入れる印象を受けた。市大から自転車で30分弱である。
ちょっと小旅行の気分で出かけてみてはいかが?

画像=tomari周辺地図

文責

石原奈甫美 (Hijicho)


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Hijicho on Twitter

ページ上部へ戻る