Hijicho 報道の柱


こんばんは!
Hijicho4回生・人事の石原です。ちじみと呼ばれています。
真夜中にひっそりブログ更新します(*´Д`)

キャンパス内に人が溢れていて、後期が始まったことを実感している今日このごろです。
ですが、まだまだ夏休み気分が抜けません〜Σ(・∀・;)コマッタ
みなさん夏休みはどのように過ごされていましたか?
このブログでは、編集長のあやぽんや代表のまっちが夏合宿ついて書いてくれていましたが
私もHijichoの夏合宿について少し書きます。

よく「Hijichoの合宿って何をするの?」と訊かれるのですが、
主に話し合いをしたり、部員のスキルアップをする講座を行ったりしています。

今年の夏合宿では、前期に出てきた課題や後期に向けてHijichoがどのように活動していくのか、を話し合いました。

その中で、大阪市立大学新聞Hijichoとしてどういう報道をしていくのか、3本柱を決めましたので、みなさんにもお伝えしたいと思います。

◆市大生に知ってもらい、考えてもらうきっかけになるような報道

◆市大生の立場から大学に はたらきかけていくような報道

◆マイノリティや弱い立場の人に寄り添うような報道

HIjichoは学生新聞というミニコミとしても、後期も精力的に活動してまいる予定ですので、みなさんよろしくお願いします!!

最後は、毎合宿の女子更衣室で物議を醸している、私のバスタオルで締めくくりたいと思います。

それでは、おやすみなさい〜(* ̄□ ̄*;

(・ω<)(・ω<)(・ω<)

Comments 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.