2016夏合宿エンジョイ企画 甲賀の里忍術村


こんばんは。文学部1回生の中村伸二です。

竹内さんに続いて初めてブログを書かせていただきます。

 

9月22日と23日の怒涛の会議(詳しくは竹内さんの投稿をご覧ください(^^)/)を終えて明くる9月24日。

くたくたになったHijichoメンバーを待っていたのは近江国甲賀に伝わる忍者の世界。

忍び装束に身を包んだ子供たちがメンバーの父性母性をくすぐります。

 

あいにくの雨模様でスタートしたのでまずは室内施設。

からくり屋敷では回転扉や掛け軸の裏に空いた穴に驚き、忍者博物館では甲賀流の歴史を学びました。

すると少しずつ雨が上がりはじめます。

次にむかったのは手裏剣道場。僕も挑戦したのですがこれが難しい!

男性陣が大苦戦する中、女性陣が投げる手裏剣は見事的に命中。何かあったら命を守ってもらおうと思いました(笑)

最後は忍術修行です。石垣を登ったり、井戸を抜けたり、皆で忍者になりきりました。

何よりすごかったのは新宅さんの水蜘蛛修行!あまりのスピードに歓声が上がります。

水蜘蛛に挑む新宅さん

もしかしてHijichoには数名忍者が潜んでいるのでは……

ぬかるんだ地面に足を取られてしまったりする人もいて、満喫してもらえたか心配でしたが、帰り道に何度も楽しかったよ!と言ってもらえてとても嬉しかったです。

 

今回のエンジョイ企画は僕がしたい!と思ったことをさせてもらえました。会議中に丹下さんもおっしゃっていましたが、自分のやりたいことを実現できるのが大阪市立大学新聞 Hijicho です。秋新歓があるそうなのでぜひ一度BOXに遊びに来てくださいね。

現場からは以上です。

 

 

 

 

Comments 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.