“新入部員”登場 履修相談会を振り返る

 こんばんは。履修相談会チーフを務めた松岡です。

 今さらといった感じもしますが、3月26、27、30日に開催した履修相談会について振り返ってみます。

 新歓期が始まる前、僕は二つのことを考えていました。

 一つ目は、マンネリ化している新歓を変えたいということです。単なる茶話会に新入生は魅力を感じないのではないか。そう思い、さまざまな提案(時間割新歓はもちろん、男子会、女子会、上回生新歓、ゲーム新歓)をしたところ、部員みんなの賛同を得ることができました。

 二つ目は、自分の持っている授業の情報を新入生にひけらかしたい教えてあげたいということです。何の知識も持たない新入生が自力で時間割を組むなんて不可能です。どの授業が有意義かどうかも、シラバスを読むだけでは分かりません。授業を適当に履修登録し、1回生前期を棒に振ってしまう。そんな不幸な新入生を少しでも減らしたいと思っていました。

 履修相談会には、合計9人(たぶん)の新入生が来てくれました。大体の方は、われわれの話を楽しそうに聞いてくれていました(あくまで個人の感想です)。4月24日現在、そのうちの半分ぐらいがHijichoの他の新歓にも来てくれています。リピーターというのはうれしいものですね(絶対に入れよ!)。

 そして、経済学部男子が入部を決めてくれました! 履修相談会だけを見て決めたわけではないでしょうが、きっかけがそれだと思うと、情に厚い僕は目頭が熱くなります。

 Hijichoは毎年、「秋新歓」を行っています。9月に「時間割新歓 後期編」(仮称)を実施できたら部員がさらに増えるのではないか、と日々妄想しているところです。

 5月14日の「うさぎ会」(Hijicho部員は確定新歓をこう呼びます)まであと20日です。今年は何人入ってくれるかな?

 余談ですが、「何人」と言えば、先日中国人が入部しました。グローバル化の波がHijichoをも襲っています。

部員紹介 中村有里

 かとぅーから紹介を受けた、廣瀬瞭汰です。

 部員紹介の前に、訂正がございます。かとぅーによる私の部員紹介に、私とごんぞーがラブラブだとの記述がありましたが、彼はあくまで私の「友人」です(笑)。「彼氏」でも「彼女」でもございません。誤解のないよう願います。ただ、途中入部でも、私のように気の置けない友達を作ることができるのがHijichoの良い所です! 新入生だけでなく、上回生も、院生もHijichoは大歓迎です(^^)

 

 さて、前置きが長くなりましたが、今日はHijicho民から「ゆりちゃん」と呼ばれ愛されている、HijichoのCool Beautyこと中村有里(法・新3年)を紹介します。

 

 ゆりちゃんは、昨年度は人事としてHijicho民の頼れる優しいお姉さんポジションでした。今年は人事からは退任したものの、依然頼れる優しいお姉さんとして、Hijicho民の癒しの存在となっています。私は一度、ゆりちゃんと共同執筆で記事を書いたことがあります。そのときも、インタビューなど積極的に行ってくれたのを覚えています。

 

 ゆりちゃんの「頼れる優しいお姉さん」ぶりをよく見られるのは、ゆりちゃんが小さな子どもと接している時です。ゆりちゃんは小さい子どもと遊ぶのが好きらしいです。こどもの日に住吉大社で行われる「れんげですみ博」では、彼女の子ども好きぶりがよく見られます!

 

 そして何といっても、ゆりちゃんはすごくおしゃれです! クリスマスパーティーで行われた「何でもランキング」では、見事「おしゃれ」の1位を獲得していました! おしゃれになりたい女性陣は、ゆりちゃんに相談してみるといいかもしれません。

 

 新入生の皆さん、新歓でゆりちゃんと喋ってみてください。頼れる優しいお姉さんぶりを実感できますよ!

 

 以上でゆりちゃんの紹介を終わります。

 次はゆりちゃんからシンジを引き継いだジンジくん(?)です。

部員紹介 廣瀬瞭汰

 こんにちは。村島くんに紹介していただいた加藤です。春休みがもう少しで終わってしまいますね…。私は村島くんとは真逆で、旅行に行き過ぎたあまり、貯金をほとんど失ってしまいました。散財しすぎました…。

 さて、私が今回他己紹介させていただくのは、新4回生の廣瀬瞭汰さんです。あだ名は「だーくん」です。「だーくんさん」とお呼びするのがよろしいでしょう。

 だーくんさんは、知識が豊富で話しててとても楽しいんです! 旅行によく行かれているそうで、47都道府県をほぼ制覇しているんだとか。旅行に行くときには、だーくんさんに観光名所を聞くとグッド。電車にもお詳しいようで、環状線新車デビューの記事を執筆されていました。

 試験監督のバイトでは、バイトリーダーを務めているそうです。仕事の出来るお方ってことですね! Hijichoの活動でも、積極的にいろいろな活動に参加されています。その向上心、好奇心、フットワークの軽さ、すべてを見習いたいところです。

 ちなみにだーくんさんと私は、共に長距離通学かつ途中入部者で、共通点が多いんです。(これは私の偏見です。)

 でもひとつ、だーくんさんと私には全くもって共通しない点がひとつ。それは…だーくんさんには、関西サイクルスポーツセンターでサイクリングデートをしてくれる人がいるということです。そう、私にはいません。だーくんさんのお相手は、ごんぞーさんこと山原怜太朗さんです。とても仲睦まじいおふたりに、Hijichoのみんなはいつも和まされていることでしょう。今年度の春合宿3日目のブログを読んでいただくと、その様子がよくわかります。おふたりのラブラブなお話をもっと聞きたい方はぜひHijichoに遊びに来てください(笑)

今後もこんな素敵な先輩、だーくんさんとHijichoの活動をしていくのがとても楽しみです!

以上だーくんさんの紹介でした。

 

P.S.

村島くんからの他己紹介で、「アイドルになろうかな」と私が発言していたと記載されていましたが、あの発言は私の数ある適当な発言の中のひとつで、撤回したいところです。でも言ってしまった以上はしょうがないので、アイドルになれるくらい自分磨き頑張ります(笑)

 

部員紹介 加藤菜々子

 皆さん、こんにちは! Hijichoの頼れるお兄さんこと、竹内さんから紹介にあずかりました、村島です! とても長かった春休みも残りわずかです。皆さんやり残したことはありませんか?(僕はもっとたくさん旅行に行きたかったですが…..)

 と、そんな僕の話はさておき、今回僕が他己紹介させていただくのは、Hijichoの数少ない女の子の加藤菜々子ちゃんです!

 かとぅー(僕が呼んでるあだ名です)は後期の秋新歓で入部してくれた待望の2回生の女の子です笑 僕がかとぅーと交流がよくあったのが、昼休みのBOXです。そこで、話してくれた内容で一番面白かったのが、かとぅーのバイト事情です。なんと、働いたバイトはみな閉店してしまうというジンクスを抱えて見るみたいなんです笑 つい最近も働いていたコンビニが閉店してしまったとか…笑 その他にも、CEの先生が一緒だったのでテストの情報を教えてもらったり、宿題について教えてもらったりと、後期にはたくさん助けてもらいました。

 そんなかとぅーですが、彼女は様々なものに対する好奇心が旺盛なんです! この前なんか、「アイドルやろかな?」とか「ここのサークル入ろかな?」とHijichoのみならず、様々なことに挑戦していこうという意欲がみられました! そんなかとぅーには様々な体験をしてもらって体験レポを書いてもらいたいですね笑

 最近では、いろいろな新歓に参加してくれて、新しい新入生を入れようと奮闘してくれています! 2回生では、どんな活躍をしてくれるのか楽しみですね笑

 それでは、かとぅーの紹介でした!

 次に紹介するのは、ごんぞーさんと噂のあの方です笑

 

Hijicho春合宿3日目

こんにちは、だーくんです。 春合宿3日目の様子をお伝えします(^^) 合宿の3日目は「エンジョイ企画」です。 今回は河内長野ユースホステルの隣にある、「関西サイクルスポーツセンター」に行ってきました! 関西サイクルスポーツセンターは、自転車をテーマにした遊園地です。見慣れた遊具も、自転車をモチーフにした遊具に改良されています。 例えば、下の写真の遊具……、ペダルを漕いで頂上まで上昇させ、頂上で一定時間静止すると落下するという遊具です。最初は少し怖かったですが、慣れてきてハマってしまい、何度も乗ってしまいました(笑)。 また、関西サイクルスポーツセンターには面白い自転車を試乗することができます。例えば、車輪が四角形の自転車や、二人乗りの自転車、後ろ向きに進む自転車、筋トレすると進む自転車など……。おっと下の二人、とても楽しそうですね(笑)! 他にもいろいろな遊具があり、楽しかったです。会議では真面目なHijichoメンバーの無邪気にはしゃいでいる姿を見て、新4回生の私は、ただただほっこりしていました。その一方で、新4回生2人は迷路をクリアできず、脳の老化を実感させられました。2人とも研究室配属なのに大丈夫なのか??(笑)   以上Hijicho春合宿についてお伝えしました! こんな楽しい合宿にいっしょに行ける新入部員を我々は心待ちにしています♪  

Hijicho 春合宿2日目

やっと春になってきた??

 

そんなことは無かった… 河内長野寒すぎっ!! という震える朝から合宿二日目を始めたいと思います。

 

一日目は皆さん夜の三時頃まで宴会をやっていましたが、朝七時からの朝ごはん間に合うのでしょうか?? そんな思いを胸に食堂へ行くと皆さんもう既に集まっていました!! 逆に僕らの部屋が最後でした…笑

 

けど、朝食を食べてからみなさん案の定お眠りに…

 

そんなこんなで始まりました合宿二日目。 最初の議題はしんじんじのしんちゃんの新歓企画についてです。 皆さん様々なチーフに当てられて何をしたらいいか?どうしたら新入生入ってくれるのか?など、様々なことを考えられていました。 中でも、男子会が面白そうでした 。どんなカオスな話がされるのやら…………

 

さて、時刻は昼過ぎ この日の昼ごはんは、皆さん大好き「カレーライス」!筆者はよほど嬉しかったのか三回もお代わりをしてしまい、昼からの会議眠気がきてうつうつと度々してしまいました(すいませんでした…)

 

カレーライスで力をつけて今回の合宿最後の議題に移りました!最後の議題も歯ごたえがあるものばかりで苦戦しました… けれど、買い物リストは買いたいものが人それぞれで面白いものでした!

 

そして、ついに待ちに待った夕食です!今回は恒例のBBQ……… ではなくて、「すき焼き」です! これがまた、ビールに合う!ユースホステルのおじさんがすき焼きにと黒霧島という焼酎を渡してくれました。これもまた合う!  

 

とまあ、筆者の酒事情はおいといて…

 

皆さん、二日間の怒涛の合宿お疲れ様でした!!! 三日目はユースホステルの隣の関西サイクルセンターでエンジョイ企画です!

 

三日目は、どうだったのでしょうか??

Hijicho春合宿 1日目

春休みとはいってもまだまだ寒い日が続きますね。

こんにちは!大阪市立大学新聞 Hijicho 一回生の行田です。

 

さて!2月25日から始まった二泊三日のHijicho春合宿!

今回はその一日目の様子をお伝えします。

場所は大阪の南、河内長野のユースホステルです。

 

そしてこの春合宿から新幹部体制が本格的にスタートとなります。

旧幹部の皆さま、今まで本当にありがとうございました。お疲れ様でした!

 

…とねぎらう間もなく。

会議。会議!また会議!!

 

そう!Hijichoの合宿とは!数日がかりの大規模な編集会議なのです…!

朝から晩まで会議室にカンヅメ。

白熱する議論に気力・体力を削られることもしばしば…ですが新年度を迎えるにあたっての大切な準備。

気合を入れて臨みます。

 

14時にユースホステルに部員14名が到着してすぐ編集会議スタート。

昨年度の振り返りや個人の反省、記事についてなど、前代表のごんぞーさんと新代表の新宅さんのもと様々な議題について話し合っていきます。

 

しかし今回、思わぬ問題が…!

会議室が…めちゃめちゃ寒いのです…。

貸していただいたお揃いの毛布にくるまり震えながら話し合いを続けるHijicho部員。

14匹のミノムシの出来上がりです。ガタガタ。

 

もう一つの敵は部屋に侵入してくる虫です…。

ある部員は会議室に迷い込んできた蛾に驚きすぎて椅子をひっくり返していました。

誰のことでしょうね。(・・)

 

会議の話に戻ります。今回のメインテーマはまもなく始まる新歓について。

新入部員を確保するためにどんなことができるのか?

新しく人事に就任した伸二くん(じんじのしんじ!)の指揮のもと作戦を練っていきます。

「長居公園でBBQ新歓!」「難波のたこ焼き屋めぐり!」「学内おさんぽ!」など様々なアイデアが飛び交う会議室。

一体どんな新歓になるのでしょうか…。そして来年度、新入生は何人入ってくれるでしょうか…。

楽しみですね!

 

会議は19時まで続き、晩御飯休憩をはさんで再開します。

長時間にわたる熱い議論。終わる頃には皆さんへとへとです。

 

とはいってもしんどいだけの合宿では決してありません。

同じ問題に関してみんなで知恵を絞っていると、こんなにたくさんの考え方やアイデアがあるんだなあとわくわくしてきます。楽しいです。

…なんて思っているのは私だけじゃない、はずです!笑

 

新歓についてのお話をしましたが、Hijichoは一年を通して新入部員を募集しています。

新入生に関わらずHijichoに興味がある方は誰でも、いつでも!入部大歓迎!!

途中入部した部員も多いですよ。お気軽にご連絡ください(^^)

 

それでは合宿一日目の様子をお伝えしました!

 

第7代幹部就任のご報告

読者の皆様

 いつも大阪市立大学新聞 Hijichoをご愛読いただき、ありがとうございます。
 春合宿が2月25日より、大阪の河内長野で行われました。合宿初日より、新しい幹部が就任いたしましたのでご報告いたします。

第7代幹部

代表
就任:新宅慶騎(工・3年)
退任:山原怜太朗(商・3年)
編集長(副代表)
就任:松岡進之介(法・2年)
退任:桑原柚(工・3年)
財務
留任:中村真由(商・2年)
人事
就任:中村伸二(文・1年)
退任:中村有里(法・2年)
BOX協議プロジェクト執行部代表
就任:行田美希(文・1年)
退任:丹下舜平(法・2年)

準幹部

代表補佐
就任:丹下舜平(法・2年)
編集部
就任:村島健太(工・1年)
留任:新宅慶騎(工・3年)、松岡進之介(法・2年)
退任:桑原柚(工・3年)
BOX協議プロジェクト担当補佐
就任:藤本理沙(商・3年)
退任:後藤遼(経・2年)

(所属学部と学年は2月25日時点のものです。)

 今後とも皆様のお役に立てるよう邁進してまいりますので、大阪市立大学新聞 Hijichoをご愛顧くださいますようお願い申し上げます。

文責

新宅慶騎(Hijicho)

2016年度新入部員紹介(3)

愛され健太

 

 

浮気を疑った妻は、夫のパソコンにログインを試みる

日本人ならmisaki, kaori, mika

アメリカ人なら sara, jenifer, emily

なんて、記憶にある名前をタイプ

これでログインできちゃうんだから

男の考えることは単純だ

 

なんて話を聞いたことがあります

 

 

 

 

翻ってHijichoの単純な男たちの中には、名前をパスワードにされるほど愛されている男がいます

ドジャースの健太は球を投げたら世界一

でもこちらの健太が投げる球は、週刊誌の袋とじを丸めてできてるんです

 

それを受け止めた男はにやにやしながら投げ返し、

またそれを受け止めた男はエロい見出しを書き足して投げ返し、

ゲスいキャッチボールは、この男が始球式を務めてくれるから

始まるんです

そうやって、男に笑いの連帯感をもたらしてくれる彼はHijichoになくてはなりません

 

そんな球を女の子には投げなかったり、

剛速球ではなくて山なりに投げてくれるところも

彼が愛されてやまない理由かもしれません

 

 

妹の話をやたら楽しそうに話してくれる姿は、もはやHijichoのアイドルです

「昨日妹に数学教えてやったんですけど、あいつ文句ばっか言いよるんです。

と思ったらのど乾いたとか言って、リビングにお茶飲みに行ったらおかんと30分も話してて帰ってこんし!もうっ!!」

 

僕たちがうらやましい気持ちいっぱいに「仲ええな~」とつぶやけば、

「いや、絶対そんなことない!」

と否定

そんな彼に言ってやりたい

「いや、絶対そんなことない!」

 

 

編集会議をしても、人の提案に「僕、それやりたいです!」と本気で言ってくれたり

運転免許が取れたら会う人皆に自慢して回ったり

みんなの落書きする似顔絵のモデルを引き受けてくれたり

ひたむきで、愛らしい彼がHijichoではいっぱいに輝いています

 

ただし僕からひと言、

丸める袋とじのチョイスには、バラエティーがもうちょっと欲しいなぁ(笑)

 

そんな彼を「ムラシマくん」と呼ぶ僕は、いつも彼から元気をもらっています

 

 

 

ちなみに、名前をパスワードにしたことがあるのも、かくいう僕

こんなところでリレーのバトンをムラシマくんに渡すことにします

敬具

村島健太様

ゆっきーからのリレーをずっと止めていた罪人より

 

団体名および新聞名変更のお知らせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
平成28年9月23日、当団体は正式名称を「BOXアセスメントと広報で学内外を刺激するメディア団体Hijicho」から「BOXアセスメントと広報で学内外を刺激するメディア団体 Hijicho」、
通称を「大阪市立大学新聞Hijicho」「学生メディア団体Hijicho」「Hijicho大阪市立大学新聞」から「大阪市立大学新聞 Hijicho」、
新聞名を「Hijicho 大阪市立大学新聞」から「大阪市立大学新聞 Hijicho」に変更いたしました。

ウェブサイトなどはまだ旧名ではございますが、順次切り替えていく所存です。少しの間ご容赦ください。
今後とも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

平成28年10月17日
大阪市立大学新聞 Hijicho
代表 山原怜太朗