レンゲdeすみ博


  こんにちは。加藤です。みなさんGWはいかがお過ごしですか?

  私たちは今年もレンゲdeすみ博に参加しました。レンゲdeすみ博とは、住吉大社で毎年5月5日に行われる子ども向けのイベントです。子どもたちは、こいのぼりにお絵描きをしたり、開放されたレンゲ畑で遊んでいました。

  Hijichoは去年と同様、スタンプラリーを行いました。1問目は「住吉大社にいるのは何の神様?グミ、うみ、シミから選ぼう!」です。ちょっと簡単かなと思っていたのですが、子どもたちから「シミってなに?」って何度も聞かれました。子どもたちにはシミがないんですね。忘れていました。写真はクイズを出している様子です。

 

3問目は住吉大社から生まれたと言われている一寸法師に関する問題です。私が紙芝居を作ったのですが、子どもたちには「一寸法師の問題が難しかった!」と言われました。これは私の画力の問題ですね。申し訳ない。写真は種貸社に子どもが生まれるようお願いするおじいさんとおばあさんの絵です。

 

 

  午後からは、五月殿で南京玉すだれや皿回し体験、バルーンアートなどが行われていました。レンゲ畑には子どもたちが描いたこいのぼりが飾られました。子どもたちがとても楽しそうだったので、私も子どもの頃に戻りたくなりました。

 

 

10月にもすみ博が行われます。楽しみですね!

 

Hijichoはこのように地域のイベントにたくさん参加しています。興味のある方はぜひ一度遊びに来てください!

 

» Tags:

Comments 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.